TOP 資料室 常設展示 特別展示 喜怒哀楽日記 案内所 MAIL
 
 
こちらは、喜怒哀楽日記の過去ログです。
気がつけば、膨大な量に。
 
 
1999年11月

1999年11月30日(火)
 たまには、エンジニアらしい話でも。

 昨晩、NHKのニュースで、Y2K問題について取り扱っていて。
 それがどういうことなのか? 2000年になるとどんな問題が起こるのか? を具体的に解説していました。
 実際に修正を行っていくプロセスなんかも見せていたんだけど、自分の仕事の内容を晒されているみたいで、ちょっと気恥ずかしかったりして。言語もCOBOLで同じだったし。
 そう、ご存じだと思うけど、私は今、大型汎用機のシステムを担当する、コンピュータエンジニアなんですね。
 
 多分、みなさんの身近にいるSEに、お正月はどうする? と聞くと、
 「人気のない温泉なんかで、じっとしてる。もちろん、宿帳が手書きのとこね。」
 という答えが返ってくるでしょう(笑)。私もそうしたいぞ(爆)。
 世の中で言われているような、都市機能のマヒなんかは、私は起こらないんじゃないかなとは、思う。
 でも、細かい弊害はたくさん起きると思うよ。必ずや。
 前の会社にいたころだから、およそ一年前。某損害保険のシステムのY2K対応を私もやりました。
 まさに手作業。プログラムリストを一行一行追っかけながら、蛍光ペンで印を付けるという地味〜な仕事でねえ。あれは、結構しんどかったなあ。

 なんて思っていたらさ。
 今日の定時間際。
 「Hくん、ちょっと手があいてたら手伝ってよ。」
 と声をかけられた。自分の作業は特に差し迫った状況でも無かったので、二つ返事で引き受けてびっくり。
 「このJOBフロー解析して、日付があるところ、抜き出してよ。」
 ……。
 Y2Kじゃねえか。
 もっとも、私が今詰めている金融機関の名誉のために付け加えれば、システムのダウンが起こらないようにという視点では、随分前から綿密な作業を繰り返してきて、そちらはほぼ万全なんだと思う。
 事実、テスト結果の帳票が、フロアの一角に山積みされているしね。
 今日のは、内部的な帳票の、影響の少ない部分の日付表示に関する話なだけです。
 でも、まあ、こんな感じなんだよ。現場はさ。
 お陰で残業になっちゃいましたが。

 あっ、今週末土曜日も出勤だぜ。くそー。

 更新情報。
 絵画展示のお部屋に、笹原悠貴ちゃんに描いていただいたイラストをUPしました。
 とってもよい雰囲気の絵で、嬉しいのだぁ。是非、ごらんになってくださいね。
 そうそう。メニューのページの2000年対応もしました(笑)。 


1999年11月29日(月)
 結局3時間しか寝られないまま会社に出かける。
 けど、こういう時って妙にテンション上がっているので、案外仕事が進んだりするんだ、これが。

 仕事が終わって速攻、CDショップにダッシュ。
 どうしてもこの間から気になっていたCDが一枚あって。それを買うために行ったはずなのに。
 気付いたら衝動買いして、四枚も抱えていました(笑)。

 ♪ゲームミュージックサントラ 「PACA PACA PASSION2」
 1の方がゲームはやりこんだんだけど、CD全然見つからなくて。でも、この2は、山積みになっていました。
 相原隆行氏のタイトルも意味深な「PRIVATE SERVICE」をはじめ、VOCALヴァージョン、ダンスリミックスヴァージョンを含む全15曲。ゴキゲンっす。

 ♪O.M.Y 「O.M.Y.ソロワークス」
 こうきたか。相変わらず音のクオリティは抜群。パロディユニットであることを全面に押しだし始めたってことだね。
 ジャケットといい、タイトルといい。「ぼくのかつら」「次世代機−閉めろフタ−」には、笑ったよ。

 ♪広末涼子 「RH Singles & ○○○」
 ……しかし、どういう組み合わせなんだろうね? >和希
 広末は、声が凄く好きで。楽曲提供者は、鼻血が出るほど豪華だし。
 特に、シーナリンゴの「プライベイト」が入ってるって理由で買っちゃった。
 しかし、驚いたのは、お店においてあったフリーペーパー。広末自身が、全曲の解説をしていたのでもらってきたんだけど。
 「プライベイト」に関するコメントでね、
 「(椎名林檎と)やっぱり年代的にも近いっていうのがあるのかも。」
 ……だって。確かにな。確かに年齢も近いんだわ。言われてみれば。
 んでも、あーた、違いすぎるだろうよ、何もかもが。なんていうか、新鮮な驚きだったけど。
 そうそう。椎名林檎のフリーペーパー「RAT」もあったよ。ほくほく。

 んでもって、本当に買うつもりだったのは、この曲。
 ♪aiko 「カブトムシ」
 久しぶりのバラード系名曲だと思う。
 この高揚感あるサビのメロディ。
 目頭がじーーーんと熱く熱くなって。何度も何度も聴いたけど。
 最後には、ぽろっと涙がこぼれちゃいました。

 しかし、この日記にCDのレヴューも書き始めましたか。CDレヴューのお部屋の明日はどっちだ!?(おい)

 更に、江國香織DAY最終日として。
 江國香織著、新潮文庫、「ホリーガーデン」
 あとがきで、ご本人がおっしゃってるように、「むだなものの積み重ね」の小説。
 勿論ここでいうむだなものは、小説にとって必要ないものではなく、これが小説の全てなのね。
 二人の女性の恋愛を中心に描いているんだけれど、細かなココロの動きなんかが非常に丁寧に書かれていて。
 出てくる小物一つ一つも、やっぱりこの主人公を描くには必要だったんだな、と思う。
 こういう小説を書いてみたい。 


1999年11月28日(日)
 さあて、本日は夕方より、再びあのお方と逢い見えるお約束なのだ。うきき、楽しみ。
 ってことで、気合いれてお化粧(笑)。スカートにしようかとも思ったんだけど、帰りにお化粧崩れてみっともなくなったら、速効落として男性モードでも帰れるよう、パンツにした。ずるいな私。
 ええと、グレーのセーターに、黒のパンツ。白のフォークロア系ジャケットを羽織り、それとおそろいの肩掛けかばん。ふかふかでかわいいのだ、これが。
 そして、約束の新宿駅に向かう。ちょっと早めに着いたので、南口から東口方面にぐるり一周。待ち合わせの場所に着いて、きょろきょろしてみると……。
 あっ。安藤さーん!
 ってなことで、そうです、安藤真名さんとの再開を果たしたのでした。お待たせしちゃってごめんなさい。
 今日の真名ちゃんは、ちょっと(かなり)マトリックスな黒サイバー系ファッション。いやしかし、ほんとに10代に見えるなあ。若い。
 特に予定を決めていなかったので、ぶらりとお散歩。まずは、思い出横丁が心配だったので、覗きに行ってみる。
 お? おお!? うん、まだ結構残っているじゃない。ソイ丼のお店は営業中。ふうっと、半分だけ胸をなで下ろした。
 でもそこを過ぎると、にわかにまだ焦げ臭い匂いが立ち込める。崩れかけた建物などがそのままあって。うーん。やっぱり火事は恐いです。
 さらに、歌舞伎町方面をぶらぶらしていたところに、私の携帯が鳴る。
 かくかくしかじか。今どこ? んじゃ、西武新宿で合流して……。
 ってことで、麻生舞夢乱入が、決定(笑)。
 乱入後、まずは、私がこーひーのみたあい! とわがまま姫ぶりを発揮して(笑)、おいしいコーヒーが飲めるお店に。狭かったけど、ん、おいしかったよ。
 その時から、もう話が止まらない。止まるわけが無い。前回だけでも話し足り無かったのに、今日は麻生ちゃんがいるんだよ!?
 麻生ちゃんはですね、今日は安藤真名と榛名和希の話を聞くために来たとか言ってるんですが。
 当然私にはそんなこたあ有り得ないってことは百も承知しておりました。無理無理絶対無理。できないこたあ言わない方がよいぞ、麻生よ(笑)。
 更に、場所を変えて、沖縄料理のお店に。ここは、静かでおいしくてよいですねー。オリオンビールが進む進む。
 もっちろん、話は炸裂。音楽の趣味に関しても妙なところで繋がって、いやあ、実に濃いいいいいぃぃぃぃ会話がなされていました。
 うーむ、こういう会話ができる友達ってなかなかいないから、やっぱ嬉しい楽しいですねー。鬱屈して溜まっていたものがどどどと溢れていく感じ。
 やっぱりまだまだ話し足りず。でも、終電の時間は迫り来てしまい、私は途中退席。くっ。涙を残しつつ、走り去ったのでした。 
1999年11月27日(土)
 今日の夜は、友人のコンサートに伺うつもりだったんだけど、種々の事情からキャンセル。
 そのために、PFCのOFFも不参加としたんだけどな。まあ、仕方ないや。
 その代わりというわけではないけれど、水野由美さんの家に真紀さんがいらっしゃっていて、メイク関連OFFをやるとのことだったので、顔だけ出すことに。
 でも、まずは、もう一つ予定していた、美容室に出かける。
 とても気に入っていた担当者の方は本日もお休みとのこと。すごく残念だったけれど、日曜までは待てなかったので。
 白のセーター、黒のパンツ。コートも女性ものを羽織り、軽くメイク。
 しかし前回も書いたけれど、登録は本名なんですね。
 私の見かけで判断してくれた年配の美容師さんは、順番待ちの間に、私に薄手のガウンを着せた。
 しかし、その後。黒ぶちメガネに髪を後ろで束ねた、なんていうか原宿系というか、モード系の美容師氏は、私のカルテを見るなり、ガウン要らないよねと脱がせた上に、私の前に男性向け雑誌を持ってきた。
 ……顧客の内面を読み切れてなさすぎじゃないかなあ? 
 女性がほとんどの美容室に化粧してきている男性相手なのに、どうしてそういう「男性だから」という紋切り型で見るのかな?
 結果としての髪型は気に入っているけれど、次回担当者さんがいなかったらやめておこう。

 そのまま、いつものように、つい洋服を買う(笑)
 夕方になってから、車で由美ちゃんちに向けて出発する。
 すでに、つきのつばさちゃんも来ていて、お化粧済みでした。
 水野舞ちゃんの到着を待ってから、食事に行こうかってことになったんだけど……。
 まあ、さすがに、お化粧した男性四人プラスすっぴん男性一人なんてグループは目立ち過ぎそう。二丁目じゃないんだからさ。
 ってことで、まあ、コンビニくらいならいいか!? と食事を買いに出た。
 なんというか。つばさちゃんも、真紀ちゃんも慣れたもんだわ。物怖じせず、堂々としたもの。これなら、もう大丈夫だね。
 私はなんというか、余裕をひけらかしたくなり(笑)、わざわざ声出して、肉まん買ってみたり。
 でも、ちゃんとレジでは、赤エンターキー押されたよ。49だったけどさ(爆)

 深夜、舞ちゃんのお化粧が済んで、写真を何枚か撮った後に、私は帰宅しましたとさ。 


1999年11月26日(金)
 江國香織著、集英社文庫、「都の子」
 エッセイ集。小説家のエッセイ集ってすごく好きなんですよ。
 ところどころに作品で見受けられた表現や事象があったりしてね。
 江國さんのエッセイは限りなく作品に近くて、主人公と江國さん自身が重なって見えていたのもうなずける。
 逆に、鷺沢萌氏のエッセイなんて読むと、あまりの作品とのギャップに驚くんだけど。
 いや、それはそれですっげえ面白いんだけどさ。
 作家とて十人十色。

 竹書房発行、「まんがライフオリジナル ももせたまみSPECIAL」
 お。女装シーンたくさんあるぞ(笑)。ついに、ももせさんもそういうキャラを出しはじめましたか。
 でも、あくまで扱いはギャグの一つ。そのへんが、まあ、ある意味リアルなのかもしれないけど。
 
 ところで、最近寒くなってきたよね。
 でも、まだウチには蚊が居やがるんですけど……。 


1999年11月25日(木)
 うーん、火事はコワイなんて言っていたら、新宿の思い出横丁まで焼けちゃったか……。
 あの雰囲気好きだったんだけどな。

 今日は鉄道マニアとして、とあるイベントがあったんだけど。
 それはまあ、そちら系の掲示板やMLに譲るとしよう。

 昨日、江國香織DAYだなんて言っていた、舌の根も乾かぬウチに、今日読んだのはコレだ。
 松田洋子著、扶桑社発行、「秘密の花園結社リスペクター」vol.1
 いやー、笑った笑った。んもー、世の中のあらゆる方々に対して「謹んで尊敬する」マンガ。
 電車の中で笑い声あげてしまったぜ。
 このリスペクターAの黒髪娘。めちゃ私的にタイプっす。コスプレしてみたいぞ(笑)。 


1999年11月24日(水)
 今日は何だか電車に嫌われた日だった。
 車掌さんが、次の駅名を間違えて言うことなんて日常茶飯事で、別に珍しくもなんともないんだけどさ。
 文庫本に没頭していた私は、「次は○○〜」って降りるはずの次の駅名を聞いて、
 んがっ!?
 ……っと、世にも間抜けな声をあげて、窓の外を振り返っちゃったよ。

 乗り換えた先では、架線故障のため、ダイヤが大幅に乱れていますと。
 ひとまず来た電車に乗り込んだのはいいけど、信号停車ばかりで、なかなか進まない。
 あー、もー。
 まあ、お陰様で、今日読み始めたばかりの文庫本を読み終わってしまったけどね。
 江國香織著、集英社文庫、「なつのひかり」
 江國さんは、きっと、ちゃんと着地点を決めて、この小説を書いたんだと思う。
 なのに、どうしてこんなにふわふわと頼りなく、何かを探す主人公と同じように、私も活字の中を彷徨うんだろう。
 一つ一つのエピソードが、実に物語にしっくり来る。
 でも、何度も涙が出そう……と思った瞬間に、「○○の話をしよう」と切り替えされて拍子が抜ける。
 きんたまおやじはないだろう、いくら何でも(笑)。しかも、一番いいシーンの直後に(あからさまに作為だけどさ)。
 もう一つ、すごい好きなシーンがあって、
 『「うららあ」
 散らかっていることを忘れていた私は、フランス人のまねをしてそうつぶやくと、しばらく部屋のまんなかに立ちつくした。』
 何度読んでもくすくす笑みがこぼれちゃう。
 個人的に今日から三日間は、江國香織DAY。昨日三冊買ってきたからね。あと二冊もある。ほくほく。 


1999年11月23日(火)
 当HPをごらんのみなさんから、女装シーンのあるコミックの情報をたくさんいただいている。
 大変ありがたいことで、これがなかったら、あんなデータベースは出来なかったのだ。
 情報はいただいているものの、まだ私が現物を見ていない作品について、リスト化し、持ち歩くことにしている。覚えきれないくらいたくさんあるんだもん。
 まだまだ世の中には、女装シーンのある作品があるんだなあとつくづく感慨に耽る。
 それだけ、女装って行為が一般化した証拠になるんだろうかと思った直後に、いや、まだ一般化していないからこそ、非現実的なコミックになるのではないか、などと考えたりする。
 HPのコミックデータベースの作品数は、既に600を超えている。
 ここまで集めた人はちょっといないんじゃないかな? という自負はあるけれど、自分一人の業績じゃあないからねー。
 そのうち、内容を分析して、一冊本がかけたらいいなあなんて思うんだけど。こんな狭いジャンルの収集家ってあんまりいないしな。うーん。
 でも、私の大学の卒業論文はかなりそれに近い内容だったんよ。
 
 今日もリスト片手に、近所の書店に。
 まずリストに載っている作品をざっと探し、中身を検分し買い物カゴに放り込んだ後に、再度棚を端 から見ていく。
 背表紙が訴えかけてくれるのを待つのよ。アホらしいと思う無かれ、これが結構ヒット率が高い。
 長年というか、これだけたくさんの作品を見てきた勘ってやつかもしれないなあ。
 結果、本日は、3作品購入することができました。
 もう少し溜まってからページの方は更新するとしよう。

 それとは別に、EXCELを用いた一覧表を作成しているのね。
 情報をくださる方へのサーヴィスのつもりで、完成の暁には配布させていただこうかと思っています。
 内容はHPのものと変わりませんが、ミステリを含み、初版などの発行年度も入れたいなと。
 しかし、これまた時間がかかる作業なんで……。ながーい目で見てあげてください。  


1999年11月22日(月)
 朝刊を開いてみると、夕べの火事の記事が載っていた。
 どうやら、全焼してしまったようです。事務所内から出火ということくらいしかわかっていないようですが、怪我人はなかったとのこと。そこはほっと安心。
 うーん、ということは、私が借りた数々のVIDEOも灰になってしまったということだよなあ。
 火事は恐いね。気をつけましょう。

 夕べ早めに寝たせいか、今日はそこそこ快調。いつもこうだといいんだけど。 


1999年11月21日(日)
 一度夜中に目が覚めたんだけど、もうふらふら。
 お酒が頭に残っていたし、頭痛に吐き気に足元おぼつかない。風邪ひきが完治していない上に、完全な二日酔いと相成りました。
 そのため、昨晩のうちに約束していた、お化粧してあげるねっとか、朝食の準備、後片付けなど全然できませんでした。ほんとに、ゴメンナサイ。
 お化粧関連のOFFはまた、別に企画たてますね。

 そして、創府田りんちゃんの所長代理締めで、OFF終了。
 居残りOFFのみんなを置いて、つぎつぎに全国各地ナンバーがついた車が減っていく。
 私も麻生ちゃんと二人で、ゆっくりと出発。サーヴィスエリアでお休みしつつ、まず麻生ちゃんの家に。
 シャワー浴びてる間に、私はぐったりぐーすか。小一時間くらいの間だったけど、ここでも体力復活。
 明日休みを取った麻生ちゃんは、いったん私の家に来てくれると言うので、再び二人で車に乗り込む。
 渋滞の首都高速を抜けて、いざ私の住む街へ。おなかすいたからラーメンでも食べようってことになったんだけど。
 消防車が数台次々に追い抜いていく。何だろうと思うまもなく、見えてきたのは、もうもうと煙を上げる、レンタルVIDEO屋さんだった。
 なんと、そこは私が唯一会員になっているお店である。7月頃の日記にある、VIDEOはすべてここで借りたものなんだけどさ。
 丁度その店の前あたりで、立ち往生。そこから先には進めなくなってしまった。
 やむなくUターン。予定していたのとは別のお店に向かいました。

 家に着くまでがOFFだよってのは、まあギャグの一つとしてよく言うんだけど、これは私にとってかなり本気な座右の銘なのです。
 鉄道旅行好きだし、いろいろ出かける回数が多いからこそ大事に思っているのよ。
 そして、ようやく自宅到着。しばらくテレビを見たりした後に、麻生ちゃん帰宅。わざわざありがとね。

 ふう、これで11月の大OFFは終了。化けたり、お人形と遊んだりはほとんどできなかったけれど、みんなが夕食に喜んでくれたから、私的には満足でした。

 みんなお疲れさま。また、逢いましょう。 


1999年11月20日(土)
 午前5時に起きて準備。
 言うまでもなく、本日はメタモルフォーゼ研究所の大OFFの日なのである。
 白のハイネックセーターに赤いパンツ。コートプラス帽子。ショートブーツ。
 軽くお化粧もして、出発。
 まず、水野由美ちゃんを拾う。う、由美ちゃんスカートじゃん。
 用賀を出たとこで、水野舞ちゃん&三枝ゆりかちゃんと合流。
 会場最寄りのインターチェンジを降りた後、今夜のための食料買い出しに回る。
 そう、私と舞ちゃんは今回のお食事係なんですね。んだから、こないだも打ち合わせをしたわけで。
 買い出しリストを片手に、ばかすか買う買う。
 なにせ30人分の食料である。カート2台を三往復。
 いやあ、なんというか買い物ストレスはなんとなく解消できた気がする。
 大量の食料を二台の車に無理矢理詰め込む。
 そして、会場到着。

 さすがに、今回の食事内容を極秘裏に進めたとは言え、実際会場に運びいれるとなると、ばればれ。中身までは内緒ということにして、準備開始。
 私は一人暮らし歴は長いんだけど、包丁とかあんまり使わずに、おーざっぱな方法でしか料理をしないし、なべ料理なんてのは、一人ではやらないし。
 てなわけで、そのあたりに詳しいほかのみなさんにおんぶにだっこな状態で、準備を進めたのでした。
 麻生ちゃん、らみさ、ゆりかちゃん、舞ちゃん、みんなありがとー(;;)
 そう! メニューは、なべ! 名づけて鍋料理バイキング!
 5種類、6つの鍋を用意して、みんな渡り歩いて食べてもらおうという企画なのだ。
 舞ちゃんが言い出したネタなんだけどね。そりゃあ面白いと賛同したのは私で。
 それを今回なんとか実現することができました。
 おおむね好評だったと思っていいかな?
 なんか、こう、みんながばくばく食べてくれている姿を見ただけで私は幸せな気分に浸ることができました。

 ……と、それが災いしたのか。
 お酒を飲み過ぎちゃったみたいで。
 会場の二階の押し入れに入り込んで、ショウを見させていただいてたはずが。

 気づくともう朝!!?? 


1999年11月19日(金)
 朝から熱っぽくて会社欠席。
 そんなだから、明日の準備も全然できず。布団の上で、ごろごろしながら、うーうー唸っていました。
 けど、ご飯は食べなきゃと思い、買い物に。コンビニでおにぎりなんかを買うついでに、ふらりとついCDショップに。
 あうー、あった、椎名林檎のVIDEOクリップ集「性的ヒーリング 其の一」。
 買っちゃいましたよ。んでもって、布団の上で見る。
 うーん、すごい。こういう作品は創ってみたいな。特におまけの映像なんて最高だわ。

 夜、麻生ちゃん来家。二人して風邪ひきなので、げほげほしながら就寝。 


1999年11月18日(木)
 今の仕事をする前には、フリーだったせいもあり、一日9時間くらい寝ていた。
 なのに、今や、毎日5時間寝られるかどうかってとこだ。
 そりゃあ、辛いわさ。
 眠いって状況通り越して、アタマが動いてくれない。
 きゅんっ! と音を立てたかと思ったら、アタマは眠りに入っているのです。
 ほんとにそういう音がするんよ。私、やばい病気だったりしないよね?
 熱っぽかったり、喉が腫れたり、足の肉刺は痛いし。
 くぅー。 
1999年11月17日(水)
 今シーズン初めて、会社にコートを着ていった。
 誰のためでもなく、単に自分の防寒のためなのに、どーして、他の人がどれくらいの割合で着ているか気にしてしまうんだろうね。
 私は、実際、男性モノの洋服はほとんど今や持っていない状態なので、このコートは貴重だなあ。
 つっても、割とユニセックスなデザインだけど。右前にもボタン止められるし。

 特に仕事が凄く忙しいということは無いのだけれど、往復で4時間かかるし、帰宅してからの自分の時間が少ないから、なんとなく毎日が慌ただしい。
 あれもやりたい、これもやりたいと常々思い続けているけれど、なかなか形にできないんだよなー。
 書きたい小説のメモが山のようになってきた。とほほ。

 なのに、最近の麻生ちゃんのペースは何!? 快速更新ぢゃんか。おめでとessay20本。
 私的にかなりツボ突かれてます。ぐいぐい。わはははははは(爆笑)。 


1999年11月16日(火)
 あまりにその見出しがショッキングだったので、初めて会社の帰りに夕刊を買った。
 これがもし事実ならば……。
 私は、何かせずには、いられないような気がするんだけれど。

 帰宅後、録画しておいた、昨晩放送の「HR」を見る。
 女装愛好者が登場とのことだったんだけど。
 なるほど、知った顔もあったし、司会の爆笑問題の対応も、思ったよりスマートだった。
 私にとって、有意義だったのは、女装する男性について、街の人々にインタヴューした部分だった。
 なるほどね。こんな感じなんだろうな。
 あ、来週もやるの? 録画セットしておくか。

 なんとなく、このところブルーだった気分が少し晴れてきた気がする。
 今週末に向けて徐々にテンションあげていったろー。 


1999年11月15日(月)
 ふう、久しぶりに聴いた遊佐未森の「WILL」になぜか涙してしまったよ。

 仁川高丸著、集英社発行、「文月に不実の花咲く」
 ごくナチュラルに、女性同性愛を描くことの多かった仁川氏の、割とライトな作品。
 文章は当然うまいし、話の流れも自然で、面白かったよ。
 なんとなく、「微熱狼少女」から読み続けてきているなあ。 


1999年11月14日(日)
 のたのたと惰眠を貪った後に、むくりと起き出す。
 どうにも今日中に部屋の片づけをしないといけない。
 
 今日は、クロゼットに入り切らなくなった洋服を掛けるための組立パイプを購入予定。
 混んだホームセンターに出向く。うーん、デザイン的にはイマイチなんだけど、機能性を重視するかなあ。
 無印良品で揃えたいのはやまやまなんだけれど、高くついちゃうし、買いに行ってる時間がない。
 結局、段違い平行棒のようになったそれを購入。
 
 家に帰ってみると留守番電話に、水野舞さんから。
 あれ、買わなきゃだよね? とのメッセージに、ようやくOFF当日まで本当に時間がないことを思い出す。
 値段だけはチェックしていたので、電話で打ち合わせ、結果私が買っておくことに。
 再度車をホームセンターに向ける。
 しかし、さっき来たときは値段を見て、これなら安くていいなと思ってたそれの在庫が少なかったんだけど。
 改めて見ると、あるじゃないか、在庫(笑)
 追加されたのか、見落としていたのかは定かではないけど、 とにかく無事事なきを得ました。ふふっ。
 「それ」が何を指すのかは、残念ながらナイショ。当日OFFに来られるみなさんのために用意しているものだしねっ。

 家中に散らばっていた洋服をかき集め、ハンガーに掛ける。
 おおっ。まとまったではないか。と、眺めつつ悦に入る。が、しかし。
 どーも、部屋が暗くなった気がする。
 つまり、白い壁があった部分に洋服をたくさん掛けたために、反射光が少なくなっちゃったのね。
 うーん、蛍光灯を変えるかなー。
 洋服以外の整理はまだまだ。届いた通販の洋服が入っていた段ボールに書類などは詰め込んだまま。
 これの整理はいつできるんだあ? 


1999年11月13日(土)
 今日のお散歩は馬喰町スタート、神田経由、秋葉原でした。
 上は黒のカットソー、下は黒のゆったり目のパンツ。
 コートにはちょっと暑かったので、以前買ったワインカラーのスーツのジャケットだけを羽織る。靴はグレーのブーツ。
 首からはいつものように、ポケットカメラとエヴィアンのペットボトル。
 なんて散歩らしい出で立ちなのでしょうか!!(本気で言ってるのか?)
 馬喰町は、問屋街なんだけど、やっぱりお店はお休みだらけ。うーん、つまんない。
 神田に向けて歩いている途中に、貸店舗として、ビルの一階ガラス張り部分が出されていたんだけど。
 中を覗くと、なぜか、ナースの服などがたくさん架けられていた。
 ?? しかも、一つ一つデザインが違うっぽいんだよね……。
 なんだったんだろう?
 神田にも、いわゆる切符商というのがあって、そこにお邪魔。掘り出し物はまだまだあるなあ。
 そして、岩本町方面に歩き、ブックタワーで本を見る。

 買った本は、
 ストレンジ・デイズ編、エクシード・プレス発行、「遊佐未森」
 このシリーズは書店で見かけたことあるんじゃないかな?
 90'sガールズJポップとか、ゲーム音楽なんかをまとめた本を出してるやつね。(しかし、90's〜には椎名林檎が無かったので、私の評価は低し(笑))
 そこで出ました、遊佐未森。
 最近ご無沙汰してしまって、しばらく聴いていなかったんだけど、世紀の名作「ハルモニオデオン」あたりは、もう、すっかり夢中になってはまっていました。
 高校時代くらいかなー?
 こういう系統立てたディスコグラフィなどを見ると、また聴きたくなるね。
 富沢ひとし著、秋田書店ヤングチャンピオンコミックス、「エイリアン9」3巻
 うーーーん。
 いや、なんというか、凄かった。やっぱりこの作品は、ナニカ違っていたね。
 読み終えて、あれ? あれ? ん?  ひょっとして、これで終わり!?
 奥付があったあとに、書き下ろしのピンナップがあるんだけど。
 この作品で、これやるかあ!? よくあるメタ的な手法なんだけれど、なんか、もう、ちょっとびっくりだ。

 話は散歩に戻って、秋葉原から、水野由美さんの家に電話を入れる。
 んが、出なかったので、訪れているはずの素材屋さんのPHSにかけ、今から行くよ宣言。
 電車に乗って、由美ちゃんちの最寄り駅に。
 行ってみると、プラスしのさんもいらっしゃってました。
 しばらくして、食事に出かける。
 アジア食堂という、インド料理中心のお店に入る。店員さんは向こうの人でした。
 私はアジア民族衣装系も好きなので、なんか嬉しかったなー。
 もうちょっと内装もそれっぽくなっていたらよかったのにな。
 由美ちゃんちに戻ってテレビをだらだら見ていると、背後にドールリカがっ!(笑)
 戯れるしのさんとリカ。なんとゆーか、不可思議な光景ですね(笑)。
 さて、そこらでタイムアウト。電車が無くなりそうだったので、帰宅しました。

 そうそう、途中で、麻結美ちゃんから電話。今新宿なんだけどー、とのことで。
 うーん、行きたかったけど。残念だ。 


1999年11月12日(金)
 どうもこのところ足の裏が痛いなあと思っていたんだけど。
 マメが出来てしまっていたのは知っていて、かばってはいたんだよね。
 今日よく見たら。
 なんかもう、右足親指と人先指の間に、もう一本指かっ!? ってくらい赤黒く成長した肉刺が。
 痛いわけだよ。

 仕事の後に、水野舞さんと、来週のOFFについての打ち合わせ。
 どうしても今日くらいしか時間が合うタイミングがなくて。
 新宿でビールと石狩鍋をつつきながらの会合となりました。んまかった。

 牧野修著、廣済堂文庫異形招待席、「リアルヘヴンへようこそ」
 かの、「MOUSE」の牧野氏の作品ということで、わくわくしながら読み進めた……んだけど。
 うううー。グロいー。
 コワイというよりは、リアルなグロさが目立っていて、何だか後半ワケがわかんなくなっちゃいました。うーむ。

 そういえば、近所の駅に、アマチュアの方が描いたイラストが展示されていたんだけど。
 犬の絵なんだけど、全体的に違和感があって。
 なんだろうと思ってふと思い当たった。
 ああ、これは、いわゆる異星人を描くときと同じ「黒目」なんだ。
 なんとなく、不気味なんだけど、妙に惹かれる。一体どういう人が描いたのだろうと(笑)。 


1999年11月11日(木)
 11.11.11 だね、今日は。
 切符収集家は、一般的に本日大変忙しいものなのですが(笑)、私は仕事を休めるわけでもなく、きちっと定時まで勤めた後に、都内に飛び出しました(行ったんじゃねえか(笑))。
 私の目的は、11.01.11に売ってもらえなかった都営線の「西台」「新高島平」「西高島平」「大門」の各駅に行くことだったのですね。
 なかなかに東京縦断って感じで、時間がかかっちゃいました。
 でも、無事に各駅入手できたよ。これで、都営地下鉄は全駅揃いました。ふう、ようやく。

 ええとですね、私は別に日付が揃った切符が欲しいというわけではなくてですね。
 普段は非常用としてしか、おいていない硬券の乗車券をこの日ばかりは発売するからなんですね。
 なんて、今更言わなくても、もう分かってるかな?(笑)   


1999年11月10日(水)
 なんでまた入社してから一月も経ってから「職業適性テスト」なんぞ受けねばならんのだ。
 統計を取るためらしいんだけど、めんどくさい。
 仕事を無理矢理18時で片づけ、本社に向かう。
 マークシートに向かうのなんて一体何年ぶりだろう?
 基本的には、性格診断みたいな他愛のないものではあるんだけれど。
 いちいち、「組織のためなら自分を捨てられる。」などという質問に、NO! と繰り返し書くのもアホらしいわ(笑)。
 途中、一般常識の問題があったんだけど、色々なことを忘れているよなあ。
 
 さっきも書いたけど、だいたい入社して一ヶ月が経過した。
 たったそれだけなのに、もう、周囲の私の評価は「変わった人」になってしまったみたいだ。
 なんでー? どーしてなの?
 本気で毎回思うんですよ。クラス替えの後、大学に入学したとき、初めての会社に入社したとき。
 いずれも、わずか一月程度で、私は「変わった人」の烙印を押されてしまうのね。
 どこがどー?
 いや、真面目な話、自分は、ものすごく平凡で目立たない普通の人だと思っているんですよ。
 なのにさー、なんでだよ。
 怒っているわけでも、嘆いているわけでもなく、単純に疑問なんです。

 今日言われた言葉たち。
 (ひとしきり、別の人の過去に読んできた本などの話をしたあと)、「ところで、Hくんは、どんなアヤシイ本を?」
 (子どもの頃何にはまったかなどの話をして)、「えー、Hくんは、こっくりさんとかやってた?」
 (試験のあと、一般常識問題の自主的答え合わせをしながら)、「……Hって見かけによらず、物知りだね。」
 私、誉められています!?

 こんなんだから、そのうち、「わたくし、女装をたしなんでおりますの。おほほ。」とか言っても、
 「ええーっ!!? ……まあ、でも、Hくんなら分かるなあ。」
 となっていくのだろうな。フクザツ。 


1999年11月9日(火)
 「こんなことがあったんだ。
 いつものように、洗濯をして、洗い物を部屋の中にかけておいたんだ。本当は外に干したいんだけれど、平日だった し、昼間仕事で家にいないからね。
 すると、靴下が一つだけ、片一方しか見つからなかったんだ。
 まあ、よくあることさ。部屋が散らかっていて脱ぎ散らかしたときに、片方だけどこかに行ってしまったんだろう。
 次に洗濯するときまでに、見つかればいいやと思って、片方だけ干したんだ。白くてプレイボーイの兎マークのついたシンプルなやつね。
 それで、三日くらいたって、そろそろ乾いただろうから、取り込もうと思って、初めて異変に気がついたんだ。
 いやね、他の洗濯物はみんな乾いていたんだよ。一緒に洗ったデニムのジーンズさえね。
 でも、その片方しかない靴下だけが、まったく乾いていなかったの。
 ぐっしょり湿っていて、まさに洗ったばかりって感じ。むしろ脱水機かけた直後より濡れていたかも。
 首を傾げて、取りあえずもう一日、その靴下だけ乾かしたんだ。
 ところが、翌日、見たら、その靴下の下に水たまりが出来ている。
 これには、もう、本当に驚いてね。
 急いで走ったよ。
 タオルを取りに?
 違うよ。
 もう片方の靴下を探しにさ。
 運良く、すぐにそれは見つかった。
 ウチの洗濯機は二層式の古いやつなんだけど、ちょうど脱水機に移すときに落としたんだろう。洗剤と洗濯機の隙間にそれはあった。
 慌てて、それだけを洗ってね。
 そして、濡れた靴下を二つセットにして、改めて洗濯ばさみで吊したんだ。
 ……その先は君の予想通りさ。あっと言う間に靴下は乾いてしまったってわけ。
 寂しかったんだろうね。あれは、涙だったのかもしれないって、今は思うよ。」
 「……不思議な話ね。でも、それで何が言いたいの?」
 「決まってるじゃない。なんだか、最近ずっと、ぼくも湿ったままなんだ……。」

 こういうバカ話を電車の中で思いついた瞬間ってのは、自然に笑みが浮かぶんだけどね。
 小説にするには、アホらしいし、かといってこんな風に気に入った人に話すネタとしては、恥ずかしい。
 そこで、こんなとこに、UPと相成りました。
 たまには、いいでしょ。
 この話は、著作権フリーでいいや。
 使える! と思った人はご自由にね。
 いないか?(笑) 


1999年11月8日(月)
 酔った勢いで日記も書いてしまえ(笑)。
 昨日の予告通り、とある方と会合してきました。
 その方とわ!! だららららら(ドラムロール)
 あのっ、あんどうまなさんですっ!!(おおっ! ぱちぱちぱち!)

 京王線沿線の某駅で待ち合わせだったんだけど、お互いすぐにわかって。
 そのまま居酒屋に直行、飲みつつ、汲めどつきない泉のよーな、話のネタネタネタ。
 いや、ほんとに、話し足りなくってちょっと消化不良気味だ(笑)
 おまけに、まなちゃんから、シーナリンゴの「本能」のジャケにあったナースID名札をいただいて、ほくほく爆笑な感じでした。
 (これについては、まなちゃんページのTOPを 見るべし!)
 うーん、お互いモノカキだから、その辺の話題が多かったけれど、他の部分でも繋がるトコが多くて、非常に有益でした。
 うん。
 ゼッタイまた、近いウチにね! 


1999年11月7日(日)
 午前中、二つの宅配便が届く。
 一つは、まだ届いていなかった通販のセーター。
 一つは、かのバーバラ兄貴から、お洋服の服袋。
 そーなんです、兄貴ってば、着なくなった洋服をたくさんたくさん、私にくださったのです。
 嬉しいー。感激ー。いやー、久しぶりにとっかえひっかえの快感を味わったのでした(笑)。ありがとお!

 それとは違う大きくてざっくりしたタートルネックのセーターを着て、お買い物。
 しかし、これがまた、ほんとに大きいし、ラインは女性的だし、アヤシイったらなくて(笑)。
 因みに、下は普通の白いパンツ。靴は最近買ったブーツね。
 食料品を買っている間も、何度もおばちゃんに好奇の目で見られたんですが。すっぴんだったしな。

 そんでもって、5000円以上のお買い物をしたのですが、抽選の権利があって。
 やってみたら、5等。なんと、10%の還元をしてもらっちゃいました。
 500円ちょっとだったけど、 タバコ二つにはなるし、すっげえ嬉しかったー。

 と、嬉しいコトたくさんあった今日読んだ本は、
 横田濱夫著、角川文庫「はみ出し銀行マンの勤番日記」
 銀行系のシステムを担当しているので、ちょっとこの辺の業界に興味があって。
 この語り口はあまり好きではないけれど、言ってることは私には至極あたりまえ、まともにしか思えない。
 対会社へのスタンスが私とほとんど一緒。だから共感できたかな。
 
 寺島令子著、チャンネルゼロ発行、「うどんランド」5巻
 なんか、いつのまに5巻まで。1巻が無くて、昔探し歩いた記憶があるなあ。結局注文したんだっけな。
 ほのぼのしていて、ネタもキレてて面白いんだけど、男女の役割というか、そういったものが、ちょっとばかし旧態然としている気がしてしまう。
 女装と呼べそうなネタはあったけど、データベースに載せるほどではないな。

 さらに、嬉しいことは続くのでした。
 明日、あの! と言うべき方とお会いできることになったのです。嬉しいなっ。楽しみだああ。 


1999年11月6日(土)
 赤いスリムパンツ、黒いカットソー、ウェストシェイプした右前のコート、ボアの白い帽子、ブーツ、サングラス。
 これで、出社した。
 んなのに。
 先に来ていた先輩が、読んでいた新聞から少し顔を上げて。
 「おはよー、ん? Hくんだよね?」
 ……本日の反応。以上。
 カミングアウトの糸口どころか、あまりに気付いてもらえな過ぎというか。
 次の土曜出社日には、スカートはいていったろか。
 
 16時ごろとっとと抜けだし、素材屋さんと待ち合わせのアキハバラへ。
 ブックタワーをちらちら見ていたとき、電話が鳴る。
 下に降りてみると、おおっ。なんだか、ちょっと今日はアダルトな素材屋さんだあ(^^)

 まず、新しく出来たLAOXに入る。ぴかぴかで真新しいお店の匂いがしてる。
 色々欲しいなあってのはあったけれど、何よりもココロ惹かれたのが、光学式トラックボール。
 あれは、ぜひ入手したいぞー。マウスより好きなのですよ。ころころしたいなー。
 
 そして、ぷらぷらと上野方面に歩き、お目当てのとんかつ屋さんに。
 こっれがまた、さらっとしたお味で、美味。ごはんが美味しいのも、嬉しいねっ。
 
 オナカいっぱい、ぷはあ満足したところで、再びお散歩開始。
 アメ横をふらりとしていると、自らガラクタと称する雑貨屋さんが。引き込まれて入ってみる。
 うーん、ラブリーなものがたくさんあるなー。
 ここで素材屋さんが、面白いモノを購入(笑)。傘なんだけど、模様がね……。
 うふふ、これ以上はナイショにしておこう。雨の日に素材屋さんに会える日をお楽しみに(笑)。
 
 ふと店先に出された中古レコードに目が向く。
 ぱたぱたと見ていると、なかなかレアものがあるあるある。
 YMOのシングルもいくつかあったけれど、やっぱり、「U.T.」と「MASS」って無いんだよね。この二枚は是非欲しいと思っているんだけどなー。
 店内もなかなかの品揃え。すごく数があるというわけではないけれど、ピンポイントツボをつくものが時々転がっているので、要注意だなあ。
 
 おもちゃ屋さんでは、私がいくつか購入。
 「どこでもいっしょ」のトロの携帯ストラップと、ペットボトルを下げられるネックホルダ。
 あと、長年使っていた「なると」のキーホルダが壊れたので物色。
 あんまりいいのがなかったけれど、取りあえずTECHDECKをもう一台買って、これを代わりにするつもり。
 それで。
 このお店でかかっていた音楽がすんごい格好良かったんですよ。インストなんだけど、プログレ風味で。
 そういう系統の音楽については、素材屋さんとシュミが同じで、お互いやっぱり気付いていたのね。
 カッコイイよねえとしばし聞き惚れていました。
 探してみるかと、ABABのHMVに行く。けど、どーやって探せばよいのだっ。インストだしな。難しいや。
 私はここで、MARICE MIZERの、「再会の血と薔薇」を購入。インディーズに戻っちゃってたんですね。どうりで見つからないわけだ。
 家に帰って聴いてみたけど、インストだし、わずか5分一曲しか入っていないし。
 相変わらず凄いことするねー。

 さてさて、さらにお散歩は続く。
 再び御徒町の辺りまで戻ってきてみたら、店先にずらりとお洋服が並んだお店が。
 これが結構派手目。チャイナがあったので、ふと足を止めた。
 しかも、めちゃめちゃ安い。うーん、サイズがいいのあれば、チャイナも買ったのにー。
 でもでも、ここで、赤いボアのケープを買いました。すんごいカワイイのだ。
 多分ね、こういうケープとかって、とっても榛名和希らしい感じかもだよ(自分で言うけど)。写真はそのうち撮影してHPにのせますねっ。

 そろそろ帰ろうってことになったんだけど、どちらかというと御徒町よりも、上野の方が家に帰りやすい。
 なので、再びターン。もう一回上野方面に歩きだしたのです。
 でもさ、なんだか、こういうお散歩って凄い楽しいから、全然苦にならないんだよね。
 日が暮れて、暗くなると、どーも、私たちのことをカップルと間違えてるよーな事柄が増えてきて。
 私が美容院のチラシもらったり、「誰かにシャッター頼めないかな」って言ってる人が、なんだか一度私たちを見たのに、遠慮したりして(笑)。
 そういうの何だか、凄く嬉しいっ。でも、せめてベースメイクくらいしておきたかったな。オトメゴコロトイフヤツカ?
 そして、デートはおしまい。お互い帰途につくのでした。
 ほくほく。 


1999年11月5日(金)
 翌日も出社しなければならない金曜日って、憂鬱。
 なんだか、おわった!! って感じがしないんだよね。
 
 たまには、違うルートで帰宅してみよう。
 ちょっと遠回りでも。 
1999年11月4日(木)
 大石圭著、河出書房新社発行、「処刑列車」
 昨日読んだ本とは一転、悪意をぎゅっと固めて、緊張感をスパイスした、パニック小説。
 ミステリや、エンタテインメントの要素ももちろんあるんだけど、そこは文藝新人賞受賞作家。
 さらりとは終わらせてくれないし、とにかく壮絶な物語である。
 簡単に言えば、鉄橋の上に列車を止めさせ、「彼ら」と呼ばれる犯人グループが次々と乗客を射殺していく……という話なんだけれど。
 とにかく、人間の悪意に満ち満ちている。すごいよ。一気読みしちゃった。
 これ読んでる帰りの電車で、信号停車なのか、鉄橋上でホントに止まりやがって(笑)。ちょっと周りを見回しちゃった。

 久しぶりに、私の「和希あたま」をシャンプーしました。
 またサラサラになるかな? へへへ。  


1999年11月3日(水)
 午前中に宅配便到着。先日まとめて注文した衣類の一つである。
 深いワイン系の色のパンツスーツは、ゆったりしてて、ちょいと大きめサイズな私にもぴったりでした。
 
 それを着て出かけるにはちょっと不向きな場所だったので、黒い、裾が長めのニットカットソーに着替え、軽くお化粧。
 そんで、白いふあふあの帽子を被って出かける。
 今日も後楽園では、みんなが着ぐるんで、大活躍中なのは知っていたんだけど、今の自分は、身の回りのことだけで精一杯で、頑張ってるみんなを見ると、ちょいとぶるー入りそうかなと思って。
 逢いたかったのはやまやまなのだがなー。
 打ち上げだけでも参加させてもらおうかなと思ったけど、ゼッタイ行ってしまったら楽しくて、途中で帰りたくなくなりそうだったし。
 明日もいつものように六時起きで仕事だし。
 ぶつぶつぶつ。
 んでもって、実際行った場所というのが、後楽園にほど近い、神保町なのですよ。
 どうしてもココでないと入手できない本が欲しかったからなんだけどね。
 それは、仕事に関係する本だから、ここでは書かないけれど。
 他に買った本もいくつか。うち、読み終わったのは、
 加納朋子著、集英社発行、「沙羅は和子の名を呼ぶ」
 愛情をぎゅっと固めて、少しだけ人間同志の軋轢と、誤解、嫉妬をスパイスに使った短編ミステリ集。
 先日の日記にも書いたけれど、私が大好きな作家のうちの一人なんですね。あんまりご存じじゃないかもしれないけれど。ぜひ、読んでみてほしいな。
 鉄道ピクトリアル臨時増刊号「<特集>相模鉄道」1999.7
 相鉄は、過去に一年間毎日利用した、身近な鉄道。
 この臨時増刊号のシリーズはかなり深く突っ込んでくれるので、よく読んでいるんですね。昔の駅舎の写真とか、嬉しかったなあ。
 
 今週の土曜日は出勤しなくちゃいけない。
 けど、背広じゃなくていいよとのことだったので、一安心。スカートじゃないにしろ、いつもの服装で行こう。
 そこからカミングアウトへの、糸口がつかめるかな? 
1999年11月2日(火)
 定時後、本社に移動。入社後初めての顔合わせと、飲み会である。
 まあ、いくら会社での飲み会が嫌いとは言っても、こういう機会がまったくないというのも、問題だからね。一応社員なんだから。
 んもでって、某居酒屋の個室で、飲み会スタート。事務のお姉さんに乗せられつつ、ふうん、そうなんだ、Hさんって、こういうノリなのね、とかバレバレな感じ。
 でも、さすがにHPについては、ヒントをばらまくに終わってしまってばらせず。ばらしちゃうと後が楽なんだけどね。

 そこまではよかったのだけれど。
 帰りの電車、思いっきり寝過ごしまして。タクシー6180円ナリで、帰宅しました。
 あほー。 


1999年11月1日(月)
 仕事が終わってから、いつものように無印良品で買い物をして、新宿駅で下車する。
 まず京王線の定期売り場を覗くが、既に全駅入場券セットは無い模様。
 私の前に飛び込んで行ったサラリーマン風のおじさんが、馴れ馴れしい口調で駅員氏に話し掛けていたので、私は、何だかちょっと嫌な気分になって冷めてしまった。
 小田急に回り、入場券を一枚入手。
 やっぱり記念券ってのには、さほど食指が動かないなー。
 多分、あったら京王全駅セットは買っていたような気はするけどさ(笑)。 
←モドル
   (C) Office SAMPOYA / HARUNA Kazuki 2003