お気楽ミュージアム

このサイトは

私のお気楽な雑感・女装に関するデータベース・自作の小説・その他もろもろを展示した個人的博物館です。

This museum is My carefree life,Transvestite books,Original Novels and so on.

サイトの内容の無断転載を禁止します。引用する場合は、出典元を明記してくださいまし。相互リンク希望の際は、メールを。一部に成年コミックや、アダルト小説への言及があります。18歳未満の方はご注意を。

お知らせ

2017年1月29日

19年、というのは、なかなかまあまあ長いんじゃないかしらね。

というわけで、お気楽ミュージアム19周年です。

来年は何か大きな更新とかしたほうがいいかしら……と思ったりもしますが、今、来年のこと言ってもね……。

当サイトは更新をほぼ停止していますが、ネットに何かを書くということはサイト立ち上げの当初から何も変わらず、ほぼ毎日続けています。mixiだったりtwitterだったりFacebookだったりblogだったりね。それぞれの媒体で書くことって違います。制服で会うのと、私服で会うのと、パジャマで会うのでは、やっぱり向こうもこちらも意識が違うでしょ。
そう考えるとここは、お正月に晴れ着で会う場所みたいになりそうですが、それもちょっとな……(笑) あ、振り袖は着たいです!

自撮りだのなんだのも相変わらずやっていますが、その根本にあるのは「着たい欲」です。着道楽。可愛い服はもちろん、変な服とかも着たい。変な色に肌を塗ったりしたいし、人外にもなりたいし、ビニールテープで全身巻かれたいし。ふふ。 今みたいな話しって、Facebookじゃ当然書けないし、Twitterでもちょっと難しいし、でも、ここなら書けるわ。そうか、そういうの、ここでやろう(今気づいたかのように)。

まどいのよそじ。また一年ぼんやりとどうぞよろしくお願いいたします。たまには覗きに来てね!

2016年の私その12016年の私その32016年の私その4 2016年の私その2 2016年の私その5

2016年5月12日

移転しました。

今年のご挨拶に書いたように、@homepageサービスが終了することに伴って新しいサービスに移行しました。

当初はリニューアルも兼ねて……とか思ってたのですが、そんなこと言ってたらいつまで経ってもやらないような気がしたので、ひとまずは中身そのまま移しての、新天地デビューです。

village.infowebに始まって、homepage3.niftyを経て、なんだこれ、my.coocan? ……長続きしてくださることをお祈りいたします。

毎回言ってますがこういうwebサイトという形式でしかやれないことってのがまだあるように思っていて、そういうのをコツコツと実験していきたいと思っています。18年やってるおばちゃんの意見は重い……かどうかは知りませんが。

ほら、時々さ、昔のwebサイトの不文律とか、キリ番! とか、隠し部屋! とかそういう文化をまとめて、ぎやー黒歴史! とか言う話題がありますけれど、ずっと続けているとね、そういう感覚って無いんですよね。ああ、htmlが拙かったなあ、とか、書きようが今と違ったなあと思うことはあってもね。恥ずかしがるのは最初の設計に問題があるんだ、とか森博嗣っぽいこと言いたいところをぐっとこらえて、単にやってる人間の性格の違いかもしれません。

ともあれ、気持ちがwebサイトに向いているうちに、また少しずつ手を入れていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

2016年1月29日

年一更新で、生きてるサイトって言いはるのもどうなのかしら、ということはわかっているのよ。

お気楽ミュージアム、18年目記念日の深夜です。こんばんは。

NetscapeComposerを使って、黒い背景のページにテキストを打ち込んでせっせと作っていた日々から、18年も経ったということは、自分の身体感覚からするとあっという間ですが、webの中の時間軸で考えたら、大昔という気もいたします。
タグなんて何もわからずに作り始めて、公開して運用し始めてからhtmlを知り、cssを知り、というプロセスを経ました。そして、blogがブームになり、SNSが隆盛し、今は何の時代なんでしょう。
いわゆる「ホームページ」が時代遅れって言われていることはわかっています。でも、私はこうした形式の視認性、一覧性は大事だと思うし、本当に見せたいものを作り込めるという意味でまだまだ続けていきたいスタイルなのです。

そう思いながらも手を入れてないことに忸怩たる思いはあるのです。脳内の貴重なリソースを「やらねば、やりたい」で埋めておくことはよろしくないなとわかってはいるのですけれど。「still walking」なんて副題を付けてから8年。ずいぶんと長い惰性です。

前にも書きましたが、私の今については、mixiの日記で更新しています。ああ、思えばmixiだって時代遅れと言われて久しいですね。でも、私は最初から新しいものに飛びつくより、安定して長く続けられる場所を求めていたようには思います。
そのmixiの日記も、10年間一日も欠かさず更新して来ました。当サイトの日記も加えたら、なかなか貴重な記録かもしれませんね。

2015年の私

毎年せめて一枚は、と思って写真を選んでいたのですが、これをいざこのページに貼るのだ、と思ったら、少し恥ずかしいと感じました。今までそんなこと無かったんだけどな。普段からこんなメイクしてるわけじゃないですよ。ちょっと盛って遊んでみたときの写真です。でも、ちょっと評判良くて気を良くしているのです。

まあ気に入った写真が撮れているうちはまだ現役って言い張ろうかしら。

近況はTwitterでもつぶやいてます。

ところで、いざアップロードしようとして、パスワードが合わないって言われて焦ったりして、運営情報などを見ていたら、@homepageのサービスが終了するというアナウンスがありました。
どうやら再度移転を余儀なくされそうです。やめ時の決断を強いられてるのかなーなんて思いますが、私はさっき上に書いた通り、ホームページってものにまだ期待してございますので、続けるよ。せっかくだからリニューアルも検討します。
新アドレスなどはまた追ってお知らせいたします。なんだよ、忙しくなってきたな。

2015年1月29日

|ω・`)ノシ

ご無沙汰しております。毎年恒例年一更新です(実際は少々遅刻しております。準備はしていたのですが、更新できなかっただよ)。
17年目のお気楽ミュージアムです。本体のリニューアルをしたのが2008年ですから、およそ7年はこのスタイルでほそぼそとやっております。
20代でデビューしたMtFトランスが、余すところなくネットに己を晒してどこまで行ける? という実験のような様相です。すでに私も43歳。老眼がっつり始まっています。ノンホルですので髪も心配です。高血圧の薬も飲んでるよ。そういう「どう老いて、どう可愛い女性なるか」というテーマをもっとちゃんとお見せできたらよいのですけれど。

セルフ写真は、以前よりうまく撮れるようになりました。カメラの性能向上と、セルフ慣れの相乗効果です。このサイトに掲載している初期の写真はデジカメですが、セルフタイマーでどう撮れているかがわからぬままやっていました。今ではモニタで見ながら撮れるというのも大きいですね。身体全身の写る写真は減っていますが、まあ……でぶ写真とか見せたくも無いし……。

去年の抱負としていた、薄い本は作って、COMITIAに出展しました。女装の本じゃなくて、スタンプの本でしたけれど。そういう路線は引き続きやっていきたいと思います。もっとアウトプットしたいですね。

じゃあ、近況として写真も一枚。43歳にしちゃあ可愛いと自画自賛なんだけどなあ。ま、現物はひどいもんだし、モテないなあ……(笑)

2014年の私

2014年1月29日

一年に一度だけ出会う織姫と彦星のようなサイト、お気楽ミュージアム。16年目です。

若いころはそんなこと信じられませんでしたが、今となっては一年に一度くらい会うのがちょうどいい、なんて関係も理解できるようになってきて、ああ、長生きはするものですね(枯れ過ぎ)。

というか、ふと下に貼った写真を見て、あれ、この六花コスプレやってからもう一年以上経ったってこと? とそっちが驚きです。まあ、このサイトも16年目。高校生ですよ。JDK(女装男子高生)。

42歳になってもスタートした時とスピリットは変わってないなあと思います。もちろんゆるやかな成長と、ゆるやかな老いは感じているのだけれどね。若い子とミニスカで対抗したってそりゃ無理に決まってんだろ、と自覚できる程には42歳です。

……何を書こうとか何も決めずにエディタを開いてだらだら書いています。

毎年書いてますがメインはmixiの日記で、どうやら3,000日以上連続で日記も書いているようです。毎日数十名のマイミクさんに読んでいただいていますが、もう少しチャネルを広げてもいいのかなと思うことはあります。そのために、薄い本を作ったり、イベントに出たりも少しずつやっていこうかなというのが今年の抱負。来年これを見ながらどう思うやら。

気まぐれに更新されるかもしれません。時々見に来ていただけると嬉しいです。

コスプレ写真は無いので、お褒めをいただいた写真を一枚貼ってお茶を濁します。顔写ってないけどなw

うつむく私

2013年1月29日

ああ、もう一年経ちましたか……。と、しみじみするためだけにエディタを開いてこのページを更新するのです(いや、ほかも更新しろよ)。

誠に申し訳ない。15年目のお気楽ミュージアムです。

Amazonでポチるだけとか言っておいて結局去年はポチらなかったのでした。毎年せめて何か一つやろうよ、とは思っていたのですけれど。

というわけで、今年は、41歳にして中二病を再発させました。 りっかずき あーあ、やっちまったな、りっかずき。

例によって、他の写真は、mixiにて公開しています。ド近眼でなおかつ老眼もそろそろ……というおばちゃんには眼帯コスは外じゃ絶対無理だなあと思ったよ……。

さて、それにしても世の中、男の娘ブームですね。まさかここまでとは思ってなかったよ。
ネットの女装界(笑)なんて、15年前には狭いもので、ほぼ全容が見えていたんですけれどね。今やもう私はすみっこのほうで小さくなって(時々でかい顔をして)いるだけです。
Twitterなんかでも、女装っ子を全部フォローしようと思ったら5桁行くんじゃないかしら(そこまで!?)

女装を嗜むのはよいことだよ。自分を可愛く見せるって楽しいもんね。ここで言う「可愛い」は絶対基準ではなくて、当社比でよいのよ。誰かと比べて可愛いか、なんて何の意味もない。
若い女装っ子がここを見ることなんてほとんど無いかもしれないけれど、広大なネットの中でふとここにたどり着いた子に、そのままでいいんだよ、可愛くなりたい気持ちに嘘ついちゃダメ、みたいな、ささやかなメッセージが届いたら嬉しいなあ、なんて思ってるのです。

2012年1月29日

もはや、ここを年に一度更新するだけのサイトとなっておりまして、恐縮でございます。いや、言い方を変えよう。14年、変わらずここを守っております! のんきな女装コミックデータベースアーカイブサイト、お気楽ミュージアムでございます。

去年39歳なんだから、当然今年は40歳。びっくりするわよね。まさか26歳のときにスタートさせたこのサイトが、40歳にもなってまだやってるとは……、予想はしてなかったけど、まあ、私の性格からしたら考えられることだったか。

今年もコスプレ企画は立てていて、あとはAmazonさんでポチッとするだけになっておりますが、今日には間に合わなかった。多分写真の公開はするとしたらmixiかな。なんだかんだ言ってそれなりに使いやすいのです。

リブートするって言いっぱなしなのはずっと気にしています。やりたいことやアイディアだけはいっぱいあるんだけれど、全然実現できない。狼少女……狼おばさんにも困ったものですな。でも、こんな機会でした言うこともないので、再度言っておこう。まだやりたいことはいっぱいあるのよう。

2011年1月29日

昨年は下にもありますとおり、久しぶりの商業誌執筆などをさせていただきまして。全然更新できないジレンマの一部を肩代わりしてもらったような気分でございます。

そんな、お気楽ミュージアム、13年目です。

ついにこのサイトと同時に生まれた子供も中学生です。ちっとも成長していませんが、アラフォー榛名和希、まだ新しいことをやりたくてしかたがありません。やる気だけは衰えてないし、ネタが切れたともまったく思ってないんですけれど、なかなか腰が重くなったなあというのが実感。

twitterなどで若い子たちのキャッキャウフフを見て目を細めたりしてますが、30代から40代へとうつろう年のとり方の、あるケースとしてでも見てもらえたらよいな。

……と、言っといて……。

13年目だし。実年齢えーと、言っちゃえ、39歳だし。何かやりたいなあ、を、うっかり実現させてしまいました。

かずきミク

!!??

なにやってんだおい(笑)

しかして、さすがにこいつを全体公開にする度胸はございませんでした。へたれ。mixiにおきまして、友人までの公開という形でアルバムに収めております。

え!それじゃ私見られない!という方(で、なおかつ、見たいと思われるありがたいお方)は、twitterなどで少々交流させていただいた後でしたらば、マイミクすぐでもOKです。せっかくの機会ですからお友達になりましょ。

……とまあ、こんな感じの13年目。なんかすっかり目覚めちゃったので、次々にコスプレしたりするかもしれない予感を漂わせつつ、どうぞよろしくお願いいたします。

2010年11月19日

今回の更新は、久しぶりの商業誌です。このサイトに蓄積もされております、女装少年コミックの読み解きという、ああ、お気楽ミュージアム長くやってきて良かったなあというお仕事でした。
スローオナニー研究会著 「ゆっくりしていってね」 コアマガジン発行
です。
ゆっくりしていってね

mixiにも書いた説明を繰り返します。

「本当の女の子みたいに気持ちいい男の娘のオナニー教えてあげる」 「物理的刺激のみによる快感の限界を超えるハートで感じるロールプレイングオナニー」
フィジカルとメンタル両面からかなり真面目に自慰行為を捉え直した実用書、です。

私が担当したのは、第四章「実用コミック読み解き編」です。ここ数年に出た「男の娘」コミックを実用本位で読み解きました。そんなこと普通しねえよ、ってレベルまで分解して解読してみたつもりです。

ちょっと赤裸々な告白も交えつつ、楽しんでいただけるのではないか、と自負しております。

て、ゆーかですね、校正段階でもらったときにすでについてた、各章の扉。なんと、佐野タカシ先生ですよ!! うわー!いいのかこれ! とか思った私。最近アダルト系描いてらっしゃらないので、貴重です。

他にも、あおぎりぺんた氏や、ネムネム氏など、気鋭の男の娘作家さんが勢揃い。それだけでも価値ありまっせ。

私は研究会名義ではなく、客員として執筆者に名を連ねさせていただきました。オイシイところをいただいておりますw

というわけで、是非お手にとっていただけたらなーと思います。

また、逆に、本で私を知って、ググってここに来た、という皆様。ありがとうございます。膨大なテキストがここにはありますが、まずは、メニューから「database」をご覧くださいませ。国内で発売された女装シーンのあるコミックを、私の手の届く範囲で集めたリストになっております。最近手を入れていませんので、絶版や入手困難本もあるかとは思いますが、研究の一助にしていただけたらなー。

あの、私の写真なんかも載っておりますが、ほとんどが20代の頃のですからね。アラフォーなう、な私としては、これを基準に会ってみたい!とか言われても、ご期待にお応えできないかと思われます。ちくしょー。

ま、ともあれ、お楽しみいただけたら幸いです。

2010年6月5日

そう言ってから何ら変化が無い一ヶ月が過ぎたわけですが。ああ、ちょっと空回り気味でしたかも。
とりあえず、暫定的に、2004年以降に出版されて現在私の手元にあるものを、ざっと並べてみました。まだまだありそうですが、それは追って加えていきます。少しでも早く入手したい方々の一助になれば、ということで、コメントも何も無しで、ひとまずアップ。

2010年4月23日

このページをひっそりと更新したところで、気づく人はどれだけいるのかな?

つい一ヶ月ほど前、twitterにて、女装マンガ教えて、なんてツイートがありまして。そこで、古いものですがと前置きの上、当サイトのDBのアドレスを貼りました。
すると、思った以上の反響があったんです。そうか、みんな、ここ知らないのだな(笑)
データベースも2004年で止まっています。でも、私自身のコレクションはやめたわけではないので、継続しています。さすがにヒトコマあった!みたいなコミックまでは買ってられないですけれど。
同工異曲の作品が乱発している、とも言えるけれど、豊潤な土壌に百花繚乱とも言えます。いくつか「女装マンガ史上」重要な作品も生まれました。 そして、男の娘専門マガジン「わぁい!」が創刊されました。されちゃいました。

いつもいつも「追い風だ」って言ってますけれど、向かい風だったことなんてありませんよね。どんどん時代は女装っこを認め、好み、愛しつつあります。

女装マンガを扱ったブログもたくさんあります。blogって便利だよね。思ったことがすぐに書ける。エディタ開いて、なんて手間をかけずに携帯からでもさくっと書ける。検索性もまあまあいいけれど、ちょっとね、データベースとしては不満があるんだよね。

いみじくも友人が言いました。ブログは雑誌、ウェブサイトは百科事典。使い分けが大事なんじゃないのって。
ああ、そのとおりだね。それぞれに役割があるってすごく単純なこと、私忘れてたかも。

……前置きが長くなりました。そして、まだ準備も整っていないのですけれど、宣言だけはいたします。

お気楽ミュージアム再起動します。
データベースも、最新作品を含めた形で、再構築します。

ちょっとずつ手を入れますので、気長に待っていただけるとうれしいな。まずは、小説のデータベースを復活させたりしないとね。

2010年1月29日

あー、年に一度来ていただいてるみなさん、ありがとうございます(笑)

アーカイブとしてだけ凍結されているサイトではありますが、開設から12年の月日が流れました。干支一回りしちゃったよ。

昨年末に、blogで「この女装マンガがすごい!」って企画をやったんですけれど、なんかこう、うまく画像の整列とかができなくてですね。ちょびっと私としては不本意な出来だった、と、こっそり告白。自分でイチからhtmlとcss書くほうが楽な気がします。

相変わらず私自身は、セルフ写真撮ったりしてるんですけれど、全部mixiに載っけています。一年過ぎて見ると、うわーこんなひどい写真よく載せてたなーなんて思うことがありますが、それは自分の成長だと思って、まー余程のことが無い限りは削除していません。

このサイトに載ってる写真なんて、余裕で10年前ですものね。これを今の私だと思われちゃうと、私ヒキコモリにならざるを得なくなってしまいます。だって、ふとったもん。年もとったもん。

mixiに載せた写真のうち、比較的マシなものをここにアーカイブしたいとも思ってるし、女装少年ファッションチェックはずっとやりたいと思ってて放置だし(去年も言ってるもんね)。

こっそりやるには最適な場所かもしれないな。よし、今年はここでいろいろ実験しよう。

そんなわけで、これからもどうぞよろしくです。

2009年1月29日

まったく月日が流れるのが早くていけませんね。そりゃ私も年をとるわけだよ。


ありがとうの、11年目です。もはや昨年は一回しか更新してない(しかも、既存のページの復活のみ)という状態で、生きたサイトだというのもはばかれる感じですよね。

やりたいことは、ある、ともう何年言ってるんだろう。進んでないんだからいつまでたっても、ある、に決まっていますよね。

それにしても、ここ数年で、業界地図は一変しました。可愛い女装子ちゃんたちが増えたのは喜ばしいことだし、女装に対するハードルが下がってるのもよいことだと私は思います。可愛くおしゃれになって何が悪いってんだ。

ま、そういうつぶやきは、Twitterか、Blogでやることにしましょう。このサイトでは今後、女装少年の出てくるマンガ作品について、内容的にもう少し突っ込んだレビューなどをやってみたいと思っています。ファッションチェックとかもやりたい(笑)

とりあえず、昔書いた小説たちを、日の目があたるところに出してあげました。虫干しです。今読み返すととても恥ずかしい作品たちです。でも、胸を張って言います。可愛い私の子供です。できは悪いけどさ。よかったら、読んであげてください。

今年一年、どのくらい更新できるかはわかりませんけれど、もうここまでお付き合いいただいたみなさんですから、気長にお待ちいただけるかなーと甘えたことをつぶやき、11年目のごあいさつとかえさせていただきます。

2008年10月20日

壁|_・)こそーり


一年あかなくてよかった……。一部リンクが切れていますって言ったきり、何の施策もなく放置していました。特に、女装コミックデータベースについては、復活を望んでくださる声もあったというのに、本当にスミマセン。

ひとまず、そのまま以前のものをコピーして貼り付けました。現在のcssだと表示がおかしくなってる部分もありますが、これは少しずつ直します。とりあえずデータは読めるかな。

まずはコミックだけ。続いて小説、その他と復活させます。

企んでいることを実現するためには、ちょっとずつ頑張るしか無いのです。うん、まだ企んでやがるんだ、私。

2008年01月29日

ほら、一年あいた(笑)

でも、私は、まだ、歩き続けています。

そして、今日、このWebサイトが誕生してから、10年という月日が経ちました。

ひとえに支えてくださっているみなさま、見てくださってる貴方のおかげです。どうもありがとう。

10周年を機会に、既に役割を終えたと思われるコンテンツを、はじめて削除いたしました。

基本的に私の方針としては、自信を持って差し出したコンテンツは、いつか誰かの役に立つかもしれないから、取り下げることはしない。間違えていたのならば、訂正をするべきだ。と、今でも思ってはいます。

そうは言っても、10年前の私の写真を載せておくなんて、詐欺じゃん?(笑)

キロクとして残しておきたいものを除いて削除しました。小説についても同様です。また、プロフィールやリンクなども全面的に見直しています。

ちょっとコンパクトにして、運営をしやすくして、更新作業が嫌にならないようなサイトづくりw、という基本に立ち返った形でのリニューアルです。

時代の変容もありますし、この先10年も、とは言えませんけれど、細く長く、今後もお付き合いいただけたら嬉しいです。

なお、一部のページのリンクが切れています。随時修正してまいります。

2007年01月29日

……そもそもお知らせの更新が、まるまる一年あくってどういうことだ?

大変ご無沙汰しております。9周年ということで、しゃしゃり出ました。つまり、私の中ではまだここは、生きているサイトなのです。女装作品データベースとしても、時代が追い風だったのにもかかわらず取り残された状態になっておりますけれどw

榛名和希の日記は、現在、ほぼmixi内でのみ参照できます。mixiのアカウントさえあれば見られます。友人限定にはしておりませんので、よろしければ試し読みして、気に入ったらマイミク申請してね(笑) なあんて、そんな一方的なお付き合いじゃなくて、ちゃんと交流しましょ。

だいたいこれを書いてるのも、元のファイルが見つからず、ネットからダウンロード。代替サブノートなのでhtmlエディタも無く、メモ帳でタグ手書きですよ。早いところ環境を整えて、写真なんかも載せたいのです。写真は撮ってるのよ。たまってますんで更新したいのです。だって、9年前の写真が平気で載ってるのですものね。詐欺だよw

さて、では次回の更新が、10周年なんてことが無いように(アタリマエだ)

2006年01月29日

当サイトは、本日めでたく8周年を迎えました(1998年1月29日開業)。

昨年の4月あたりから、mixiにかまけてしまって、ちっとも更新ができずにおりましたが、記念日を期に、ようやく重い腰を上げ、スローペースの「再起動」をかけることにしました。

まだ、このサイトでやりたかったことは、やりきっておりませんのですよ。貪欲なのさ、私は。

しばらくの間、工事中が続きます。リンク切れなどはお許しくださいませ。

一迅社発行「空想女装少年コレクション」をごらんになって来てくださったみなさま。ようこそいらっしゃいました。女装シーンのあるコミックの情報については、こちらをご参照くださいませ。

きらみゅBlog「too,Bitter Chocolate(通称:にがちょこ)」も、休止中だけど、少しずつこちらもリブート。トランス系時事ネタや、まちのふうけいなど、気まぐれ更新するよ。コメント入れられるので、遊びに来て気軽にコメントしてね。

Excite Bit コネタ」に、谷和原のぞみが、コネタを書いています。駅や地名や旅やらの、コネタが好きな方には喜んでいただけるかと。コネタインデックスを作りました(お気楽ステーション内)。過去のコネタの検索にご利用くださいませ。

にがちょこに連載していた、「カエルマーチで行こう!」を小説の部屋に救い上げました。まとめて読み返したいというありがたいお方は、よろしければこちらからどうぞ。

MSNメッセンジャーは、このサイトと同じメールアドレスで登録してあります。よろしければお声かけくださいませ〜。